カワサキのバイク査定

カワサキのバイク査定

カワサキは明治時代である1878年創業の二輪車・鉄道車両・航空機・船舶などをはじめとする様々な機器の製造メーカーで、創業当時は造船をメインとしていました。
社名からよく神奈川県の川崎市にゆかりがあるものと勘違いされていますが社名は創業者の名前を由来とするもので、のちに日本の重工業の一角を占める財閥を築いて今日に至ります。

一般的にカワサキと聞けばバイクを思い浮かべますが、実はそれ以外にも船舶・航空宇宙・機械・プラント・タービンなどの重工業を幅広く手がけ、それぞれが分野ごとに社内分社化して独立採算制となっており、収益で見たときには二輪を含むモーターサイクル&エンジンカンパニーが稼ぎ頭となっています。

このカワサキのバイクの特徴として挙げられるのはバイクらしいバイクという点でややごつく男むけのメーカーというイメージがあり、アメリカで言えばハーレーダビッドソンにも似たような存在で、海外むけのとがった車体で乗り心地も独特なものがあります。
とくに大型二輪に力を注いでいることから同社は大排気量の二輪という点で広く知られており、一方で同業他社が力を注いでいる50ccの原付は一切生産していないという変わった特徴を有しています。

同社は航空機も手がけていることから精密な機器はまさに得意分野であり、その特徴を遺憾なく発揮した高性能なラインアップが多く、現行モデルでは~125ccで6車種、~250ccで12車種、~400ccで5車種、~750ccで1車種、751cc~で5車種があります。
そしてカワサキの車種を査定に出した場合ですが、やはり大型二輪のほうが人気が高い上にもとより価格が高いため、査定を受けると査定価格もまた高くなるという傾向があります。
査定ランキングでもKZ1000MK-2やゼファー1100などは常に上位に食い込んでおり、リセールバリューが非常に高いことからひとつの資産として持ち続けることができます。



バイク一括査定サイトを使って、買取価格を競争させることがバイクを高く良い条件で売るコツです。でも複数のバイク買取業者に依頼するのは大変ですよね?以下のたった3つの一括査定サイトに全て登録すれば殆どのバイク買取業者に査定依頼がいきますので、最も高い価格と条件を引き出せるでしょう。 ただし、バイク王は例外で個別に登録して査定依頼した方が高額査定を引き出せることが多いのです。

バイク王に個別に査定依頼する

No1.「バイク比較.com
※登録時にバイク王への査定依頼のチェックを外してください。

No2.「バイクブロス

No3.「楽天バイク買取一括見積り