トライアンフのバイク査定

バイク査定のコツと相場や評判の真実を暴く > > トライアンフのバイク査定

トライアンフのバイク査定

トライアンフ(Triumph)は1885年にイギリスで前身となる会社が設立されたバイクメーカーで、現存する二輪製造メーカーとしては最古の部類に入るひとつとなります。
英国の伝統と格式を今に伝えるメーカーなのですが、創業当時は貿易会社として自転車を取り扱っており、やがて自身の会社で自転車を製造するようになり1902年になるとエンジンを搭載した自転車を販売するようになります。
その後は幾度か経営難を乗り越えて現在ではトライアンフ モーターサイクルとして販売を継続しており、日本国内ではそれほどの知名度は無いのですが海外ではマン島TTレースをはじめとして様々なレースで活躍しており、また有名俳優が愛用していたことでも人気が高まるようになります。
このトライアンフのバイクの特徴としては、車名を変更せずに長期にわたり継続使用することが多いため、同じ車名でも年式により形状などが大きく違うことがあります。
車体の特徴としては直列3気筒という伝統があるのですが、90年代に入ると日本のカワサキとの協力により水冷直列3気筒・水冷直列4気筒エンジンを搭載するなど技術的にも発展を遂げています。

現行車のラインアップはアドベンチャーで3車種、クラシックで3車種・ロードスターで2車種、クルーザーで2車種、スーパースポーツで1車種、ツーリングで2車種があり、特に日本国内ではオンロードタイプの車種に人気が集まっています。
そしてトライアンフのバイクを査定に出した場合ですが、やはり新車の価格が高額であることに加えて玄人むけの知る人ぞ知るというメーカーになりますので、高額な査定価格になりやすいといえます。
中には全損というひどい惨状の事故車であっても10万円以上の査定価格が付くというケースもありますので、例えどのような状態であってもあきらめるのではなくまずは査定店に持ち込んでみて、査定を受けるということが大きなポイントとなります。



バイク一括査定サイトを使って、買取価格を競争させることがバイクを高く良い条件で売るコツです。でも複数のバイク買取業者に依頼するのは大変ですよね?以下のたった3つの一括査定サイトに全て登録すれば殆どのバイク買取業者に査定依頼がいきますので、最も高い価格と条件を引き出せるでしょう。 ただし、バイク王は例外で個別に登録して査定依頼した方が高額査定を引き出せることが多いのです。

バイク王に個別に査定依頼する

No1.「バイク比較.com
※登録時にバイク王への査定依頼のチェックを外してください。

No2.「バイクブロス

No3.「楽天バイク買取一括見積り