小型バイク査定

小型バイク査定

小型バイクとは総排気量が50cc~125ccのバイクを指しており、道路交通法では小型自動二輪車と、また道路運送車両法では第二種原動機付自転車と呼ばれています。
この小型バイクは原付二種といえば分かりやすいかと思われますが、車体には任意で後部に三角形のステッカーを掲示していますので見分け方としては分かりやすくなっています。

原付は運転する上で様々な規制があり、法定最高速度は30km/hであったり二段階右折をしなければならないなど厄介な物となりますが、一方で小型になると法定最高速度は60km/hとなり二段階右折の必要もなくなりますので快適に走行することができることから人気を集めています。
免許は16歳より取得できる普通自動二輪免許(小型限定)が必要となり、2005年からはAT限定も新設されたことで免許が取りやすいということもあり取得される方が増えており、原付一種は販売台数が落ち込む中でも原付二種の小型は販売台数が伸びています。
購入する際の費用も新車・中古車双方で2桁万円台とかなり安くなりますので若い方も買いやすく、特にビッグスクーターの人気と共に若い方を中心に街頭でもよく見かけるようになりました。

また人気の高まりから中古市場でも流通している台数が多く査定も盛んに行われているのですが、売却に際して小型ならではの事情などはあるのでしょうか。
まずこの小型バイクは原付よりも便利であることからデイリーユーズとして使う機会が非常に多く、そうした中では傷をつけたりぶつけたりすることも多くあります。

原付から乗り換えた場合は、操作感の違いから特にそうした傾向が見られますので査定に際してはしっかりとケアすることとが大切になります。
また小型バイクの場合は自転車の駐輪場におくことができる125ccまでというラインに収まるのですが、車体の大きさゆえに周囲の自転車を出す際にぶつけられてしまうこともあり、小型バイクを査定に出す前には金属の擦り傷などを残さぬようきれいにケアしておきましょう。



バイク一括査定サイトを使って、買取価格を競争させることがバイクを高く良い条件で売るコツです。でも複数のバイク買取業者に依頼するのは大変ですよね?以下のたった3つの一括査定サイトに全て登録すれば殆どのバイク買取業者に査定依頼がいきますので、最も高い価格と条件を引き出せるでしょう。 ただし、バイク王は例外で個別に登録して査定依頼した方が高額査定を引き出せることが多いのです。

バイク王に個別に査定依頼する

No1.「バイク比較.com
※登録時にバイク王への査定依頼のチェックを外してください。

No2.「バイクブロス

No3.「楽天バイク買取一括見積り