成人してなくても査定はできる?

バイク査定のコツと相場や評判の真実を暴く > > 成人してなくても査定はできる?

成人してなくても査定はできる?

バイク査定を依頼するには、当然ながらそのバイクの名義人の了承が必要になります。

ですが場合によっては名義人がまだ成人していない、つまり未成年である場合がありますが、この場合であってもバイク査定を依頼することが可能です。

ですがもし成人していない人がバイク査定を依頼するという場合なのであれば通常とは異なった手続きが必要になるということには注意が必要です。

ここで必要になる手続きというのが、「同意書」の提出です。

これは未成年の保護者、親権者などがバイク査定の依頼を出すということ、査定の結果によっては売却を検討するということに了承をしているということを証明する書類になります。

この同意書に関しては査定を行っている業者によって書式が異なり、業者に申告して書式を発行してもらうほか、現在ではインターネットを利用してダウンロードが出来ることもあります。

多くはバイクの名称と車体番号、ナンバープレートと住所、そして氏名が必要となります。

また氏名を記載した際には同時に印鑑を押す必要があり、その同意書を記入した保護者や親権者の身分証明書を準備する必要もあります。

身分証明書に関しては健康保険証や住民票、運転免許証などが該当しますが、これは実物を用意する必要は無くコピーなどでも問題ありません。

こうした同意書があれば未成年者であってもバイク査定の依頼を出すことが可能ですが、業者によってはその同意書を記入した人に対して電話などで本当に実在しているか、また同意するという事実に相違はないかということを電話で確認することがありますので、同意書の記入を依頼する未成年者側と同意書の記入を行う保護者の両方が理解している必要があるでしょう。

この電話での確認というものは、未成年が保護者や親権者に黙って同意書を作成するというトラブルを事前に防止するために必要なことです。

もし万一、同意書に記入をすることが出来ないという特別な事情があるのであれば、バイク査定を依頼する業者に事前に伝える必要があります。





バイク一括査定サイトを使って、買取価格を競争させることがバイクを高く良い条件で売るコツです。でも複数のバイク買取業者に依頼するのは大変ですよね?以下のたった3つの一括査定サイトに全て登録すれば殆どのバイク買取業者に査定依頼がいきますので、最も高い価格と条件を引き出せるでしょう。 ただし、バイク王は例外で個別に登録して査定依頼した方が高額査定を引き出せることが多いのです。

バイク王に個別に査定依頼する

No1.「バイク比較.com
※登録時にバイク王への査定依頼のチェックを外してください。

No2.「バイクブロス

No3.「楽天バイク買取一括見積り